自作バイクジャッキ 溶接はカインズで。

バイク整備の時、特にフロントタイヤを交換する時にパンタジャッキを使用しています。

P_20180303_091913_vHDR_On.jpg

車用なので耐荷重が750kgくらいあるので、安全です。
ですが、一つ難点があります。
それは、ぐらつく。。。
脚の幅も小さいですし、天板も消しゴムくらいです。

な、の、で

改造します(・∀・)

目的は『脚を広く、天板を大きく』

制作場所は『CAINZ工房』

P_20180303_093556_vHDR_On.jpg

何と!!一度溶接講習を受ければ、2時間500円で溶接機、エアプラズマ切断機、ディスクグラインダーが
借りれます(笑)
溶接機と加工場をこんな格安で借りれるなんて、CAINZ様最高です!!
ちなみに、鉄用の溶接ワイヤーは無料です。ステンレス用溶接ワイヤーを使う場合は別途購入になります。
ディスクグラインダーのブラシや切断砥石も購入が必要です。
持ち込みもOKでした(・∀・)

さて、まずはプラズマ切断機で四角鉄板の角取り。

P_20180303_095053_vHDR_On.jpg

バリが出るのでグラインダーで削ります。

P_20180303_095114_vHDR_On.jpg

バチバチ溶接してこんな感じ。

P_20180303_110006_vHDR_On.jpg

この記事へのコメント